【小さな不調でも見逃さず】自分の免疫細胞を使う肝臓がんの治療

自分の免疫細胞を使う

病院

がんは体の細胞が変化して悪さをするようになったものです。日本人の死因の大きな死因の1つとして有名ながんを治すためにいろいろな治療方法が医療機関で行なわれています。がんを治すための1つの手段が免疫療法というものです。今まで、がんを治すための治療というのは外科治療や化学療法、放射線療法の3つが主な方法でした。しかし、近年この免疫療法が4つ目の治療方法として注目を集めているのです。免疫というのは体がウイルスや菌のような異物の侵入を排除しようとする働きのことで、生まれながらに備わっている能力です。この免疫の働きをがん治療に役立てようというもので、免疫療法のことをがんワクチンとも呼んでいます。免疫療法でがん治療を進める場合は、まず採血をして血液から免疫細胞を採取します。そうやって採取された免疫細胞を培養施設で加工し増殖させたり、やっつけたいがん細胞の特徴を記憶させたりするのです。そうやってがんに効果を発揮するように加工した免疫細胞を点滴や注射で体内へ戻します。これを繰り返して行なうことで、がん細胞を退治しようとする免疫細胞を増やすことができるのです。がん治療は強い副作用が起こるというイメージが強いですが、この免疫療法では自分の細胞を使っているので思い副作用を起こすことなく治療を行なうことができるでしょう。この免疫療法は免疫細胞が比較的元気ながんの初期の頃に行なうことで高い効果を発揮することができます。この免疫療法と他の治療方法を組み合わせることで今まで以上にがん治療の効果を高めることができるでしょう。