【小さな不調でも見逃さず】自分の免疫細胞を使う肝臓がんの治療

胃がんの治療方法

先生

日本で肺がんと並ぶほど多いといわれているのが胃がんです。胃がんは初期症状がわかりにくいがんで、早期に発見するのが難しいといわれています。胃や胸がもたれる感じが続いたり、みぞおちに痛みや不快感があったり、食欲不振や吐き気、ゲップなどの症状が続いている場合は胃がんの可能性があるので病院で検査をしてもらいましょう。胃がんの進行が進むと嘔吐や吐血、黒色便や体重の急激な減少などの症状が現れるのです。胃がんは胃の壁の内側にある粘膜内の細胞がん化して増殖をしていくことで発症します。検診で見つけられるような大きさになるまでには数年という年月がかかるでしょう。大きくなると粘膜の部分だけでなく位の壁の中にもがん細胞が広がり、漿膜やその外側を侵食して他の臓器へも影響を及ぼしてしまうのです。治療方法は大きく分けて3つあり、代表的なのが外科療法でしょう。手術で胃がんを除去するという方法で、元となった部分だけでなく、転移した先のがんを取り除くことができるのです。2つ目が抗がん剤を使うという治療方法で、抗がん剤を使ってがん細胞の増殖を防ぎ、またがん細胞を破壊するというものです。抗がん剤は体全身にあるがん細胞を一気に攻撃して破壊することができます。ただし、場合によっては正常な細胞も一緒に破壊されてしまうので副作用として症状が出てしまうことがあるのです。ですから、副作用の対策を取りながら治療を進めるのが一般的です。最後が免疫細胞療法という方法で、自分の免疫細胞を使って胃がんをやっつけるというものです。