自覚症状をほとんど感じない肝臓がんに注意しよう

肝炎が悪化してがん化する

病院

日本人の死因の1つとして有名なのがガンです。そんなガンのなかでも、治療が難しいといわれているのが肝臓がんでしょう。この肝臓がんはとても気づきにくいもので、発見されたときにはかなり進行しているというケースが多いのです。肝臓がんが発症する流れの1つがウイルスの感染によるものです。ウイルスに感染して慢性肝炎を起こし次第に症状が悪化した結果、細胞ががん化してしまうということがあるのです。この肝臓がんになると大きな自覚症状はほとんどなく、ウイルス感染で食欲不振や倦怠感、下痢などの症状がみられます。しかし、こういった症状は一時的なもので我慢したり、気付かずに見逃してしまったりする人が多いのです。もし、ウイルスから肝臓がんに発展したとしても初期であれば切除して治すことができます。ですから、小さな不調でも見逃さずに病院で相談を受けておくことが大切です。このウイルス感染の他にも、肝硬変やアルコール性肝炎などいろいろな原因で肝臓がんに繋がる可能性があります。体を大事に扱い日頃から健康に気を配ることが肝臓がんを防ぐ1つの手段だといえるでしょう。肝臓がんになってしまった場合、初期の状態なら切除手術が行なえますが、進行するとそれもできなくなってしまいます。肝臓がんの治療の最終手段だといわれているのが肝臓移植です。ただ、肝臓移植をするためには高額な医療費が必要となってくるのです。他にも放射線治療や抗がん剤治療、ラジオ波での治療方法などがあります。